<< 常識破り!更新料無料のウイルス対策ソフトが登場! | main | マックフライポテトを安く食べる裏技知ってますか? >>

ウイルス検知率 世界最高水準のカスペルスキー(Kaspersky)

カスペルスキーはロシアのカスペルスキー研究所が開発したソフトです。カスペルスキー研究所は、1997年にロシア国防省で暗号開発に携わっていたユージン・カスペルスキー氏が創業しました。ロシアやCIS(独立国家共同体)諸国、東欧でのシェアは60%と圧倒、西欧でも10〜15%程度のシェアを握っています。

米企業にもライセンス供与しているので、同社のセキュリティソフトを使っているユーザーは2億人にも上るといいます。F-Secure や G DATA にスキャンエンジンをOEM提供しています。

●ウイルス検知率 世界最高水準

Kaspersky は NOD32 の98.61%を抜いて99.06%とトップ。
(AV-Comparative 2006年8月調べ)
マルウェア検知率において、ほぼ100%の検知率で、毎年業界トップレベルを維持しています。

●新種ウイルス対応 世界最速

新種ウイルスへの平均対応時間は、平均1時間26分と、トレンドマイクロの5時間33分を抜く他社製品を圧倒する対応速度を記録しています。
(AV-Test.org 2005年12月調べ)

●定義ファイル更新 約1時間に1回

ウイルスは1時間毎に約10個〜20個も発生することがあります。カスペルスキーは、約1時間に1回ウイルス定義ファイルを配信することができるので、新種のウイルスにも迅速に対応できます。
(AV-Comparative 2006年7月調べ)

kore-toku * ソフトウェア * 09:12 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ